敏感肌の人も安心の新しいIPL脱毛

"実はこれまで多くの人が脱毛についての正しい知識を持っておらず、お肌を痛めながら脱毛をしている傾向にあります。
間違った脱毛処理をしてしまうと、余計に無駄毛を目立たせてしまう可能性もあるので注意が必要です。IPL脱毛とは、「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれている特殊な光を当てて脱毛をしていく方法です。
多くの脱毛サロンで続々と採用され始めており、痛みやその他トラブルが生じにくいことで注目されています。

 

IPL脱毛はまだ歴史が浅い脱毛方法なのですが、今後一般的になっていく可能性が高くなっています。
一度に広い範囲への照射が可能ですので、従来の脱毛技術と比較をするとかなり短かい時間で処理をすることが出来るでしょう。

 

黒いものに反応させる光をIPL脱毛で採用をしていますので、お肌表面へダメージを与えることがほとんどありません。
ですので敏感肌の人も安心して受けることが出来るワケです。"



敏感肌の人も安心の新しいIPL脱毛ブログ:17-09-17

こんちわ^^

みなさまは
「脂肪=体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
ミーたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に体にたまりすぎると肥満になりますが、
お尻や太ももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
連日の食べる事と体操の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
食べる事内容を改善して、
適度な体操をする習慣を見につけたいものですね。